剪定時期の判断ミスは大事な庭木を傷つけるだけ!

針葉樹や広葉樹の庭木の剪定には専門知識が必要

庭木は針葉樹や広葉樹といった種類に分類され、それぞれ剪定の方法や時期が異なります。誤った判断で剪定をしてしまうと、大切な庭木を枯らしてしまう原因になってしまいます。樹形を整えるためには、剪定時期を正しく見極めることが重要です。

知識がないまま剪定をすると大変なことに・・・

ホームセンターでは、剪定向けの道具が販売されているのでDIY感覚で剪定を行なっている方もいるでしょう。しかし、剪定作業は十分な知識と技術が必要になります。樹木の種類によって樹高や樹形は異なるため、それらを予測しながら枝や葉を剪定していきます。曖昧な感覚でこの作業を行なうと、樹形が整わないばかりか枯れてしまう原因になります。また、剪定作業に夢中になり、落下やケガといったケースも度々報告されていることから、経験豊富なプロに依頼する方がオススメです。

庭のお手入れを業者に依頼する時に気になるあれこれ

草むしりは自分でもできるのに、わざわざ業者に依頼するメリットってありますか?
草むしりが終わった後には大量の雑草が残りますが、業者に任せることで全て引き取り廃棄してくれます。また、一般家庭で廃棄できるゴミの量は制限されていますが、業者なら全て一度に処理できるので結果的に手間も時間も省けて楽になります。
木の伐採は素人がやると危険ですか?
慣れない作業を行なうと、どうしてもケガや事故のリスクが高まってしまいます。それに、木の伐採には様々な道具を使用しながら高所で作業することがあります。足元のバランスを保ちながら、木の伐採や剪定を行なうには集中力も必要ですから、プロに任せた方がスピーディーで正確だと言えます。
庭木の剪定には最適なタイミングがあるのでしょうか?
樹木の種類によって剪定の時期は異なります。この時期の判断を誤ると、花が咲かず健康状態が悪化してしまいます。例え枝の長さが気になっても、安易に庭木を剪定せずプロに任せることをオススメします。どの枝を落とすか、樹木に適した剪定時期はいつかなど、プロに相談することで正しい管理方法が分かります。

TOPボタン