草むしりにはコツがある~雑草にも種類があるんです~

庭に生えてくる厄介な雑草

暖かい時期になると、庭木の成長と共に雑草もぐんぐん生長します。少しでもお手入れを怠れば、たちまち庭の美観を損ねてしまいます。草むしりをする際は、雑草のタイプについて知っておくと効率よく除草することができます。

雑草は2つのタイプに分けられる

厄介なのは地下茎で増えるタイプの雑草です。(草むしり業者)

油断しているとすぐに再生と発芽してしまうのが、地下茎で増える種類の雑草です。地表の草を刈っても、地下茎までしっかりと草むしりできていないと、繰り返し生えてきてしまう厄介な存在です。枯草だと思って放置していると、あっという間に成長してしまいます。

種が飛んできて繁殖するタイプの雑草もあります。(草むしり業者)

繫殖力が強く、環境さえ整えばあっという間に発芽して成長してしまうのが種子で増える雑草です。種子は風や雨などで飛ばされたり、動物の毛や人間の衣類に付着したりして広がりをみせます。雑草が生えていないように思える土地でも、その地中には数万個の種子が存在していると言われています。

どちらのタイプも除草剤を使用することで簡単に草むしりを行なえますが、除草剤は扱い方を間違えると、周りの植物も枯らしてしまう可能性があるので、経験豊富なプロに任せたほうが確実でしょう。また、プロであれば除草剤以外の方法でも対応してくれます。

業者に頼めば針葉樹でも落葉樹でも伐採可能!

丈夫な針葉樹や大きく生長した広葉樹を、自分で伐採するのは簡単なことではありません。成長しすぎた庭木は、葉や枝を剪定するために高所へと移動をして作業を行ないます。慣れていないと足元が安定せず、思わぬケガや事故に見舞われてしまいます。また、剪定した枝が落下した際に通行人や、家に当たる危険性も含んでいます。しかし、専門業者であれば周辺環境にも気を配り作業することができます。また、針葉樹や広葉樹、あらゆる種類の樹木の伐採に対応しているので、自分で庭木の伐採を行なうよりも、確実で安全に作業することができます。

TOPボタン